いぬなりワンコ日記

最終的かつ不可逆的な解決



人気ブログランキングへ


       年末の日韓合意が今も尾を引いている私デス。


e0002466_19951.jpg



       安倍首相は4日衆院本会議での外交報告で、

       慰安婦問題に関する昨年の日韓外相の合意を受け、

      「問題が最終的かつ不可逆的に解決されることになった。

       これをもって、未来志向の新時代に入ることを確認した」

       と述べたらしいです。 



       ”不可逆的に解決” とはどんな解決なのでしょうか!?
 
       その合意の直後に韓国裁判所が元慰安婦らの賠償訴訟を

       決定し、合意は手のひらを返す如く破綻しました。



       1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」

       したにも拘らず、今回の解決は国際条約で解決済みだった

       問題を蒸し返した解決であり、世界的モラル違反です。



       不可逆的とは・・・ Yahoo知恵袋によれば


       可逆的・・・・逆が可能なこと  
              水を凍らせる。温めると水に戻る。

      
       不可逆的・・・ 逆が可能でない。
              卵を熱すると、ゆで卵になる。
              冷やしても、生卵には戻らない。
              これが、不可逆的。

       すなわち、元に戻らない!
       更に後戻りしないという意味を表しています。


       英語で云うと、irreversible =形容詞



       そもそも外交文章に使われる単語でしょうか?

       あるいは、かの国相手では使わざるを得なかったのでしょうか?



       しかし、合意文書の作成は韓国国内の世論の動向を懸念する

       韓国側の要請で最終的に見送られました。

       案の定です!



       息をするが如く嘘をつく、かの国の約束を本当に総理は

       信じているのでしょうか? 

       1965年の教訓を全く学習していない、に対して今回は

       違う!と反論できる事実があるなら教えて下さい。



e0002466_21265392.jpg




       火山のない地域で温泉が湧く、と云う嘘を信じろと

       言える事を私に誰か納得させて下さい。





e0002466_21313711.jpg

[PR]
by inunari-wanko | 2016-01-05 21:19 | 私の事 | Comments(0)
<< ネタ切れデス 黒糖芋けんぴ >>